メインイメージ

三大関心事の課題を解決

健康、見た目、セックスの三大関心事の課題を解決するために一番大切なのは「脳」。健康には運動が必要だと言われたりもしますが、本当に必要なのは活動的に生きようとする心。心が若々しければ自然と運動はするものです。ルックスも同じこと。心が輝いていればオシャレにも気をつかいます。

セックスにも心が大切です。年齢とともに精力は落ちても性欲は落ちません。セックスレスは性欲がなくて陥るものではなく、夫婦の心に元気がなくなったためになるものでしょう。心の若さを取り戻してアラフィフの課題を克服しましょう!

50才はまだかなり若い。セックスレスには早すぎます

織田信長は、「人間五十年夢幻のごとくなり」という謡曲が好きだったと言われています。実際には48才で亡くなっていますが、かつては50年も生きられれば十分な時代もあったようです。現代の平均寿命はおよそ80才。信長の頃より30年も長くなっています。

2500年前、孔子は「四十にして惑わず」と言ったとされていますが、その時代には「40才」は「超長寿」だったのではないでしょうか?今なら80才か90才くらいに相当していて、惑わなくなったとしてもおかしくはない年齢だったのでしょう。「五十にして天命を知る」のも当たり前。同年代の知りあいは全員亡くなっていたでしょうから、50才のご老人は周囲から「仙人」扱いされていたはずです。

現代の50才は「まだ若い」年齢となりました。人生がこの先も続くことを知っていて、多くのアラフィフが健康に生きることに関心を持っています。社会人としても老けられない年代のため、見た目にも興味があります。それからセックス。夫婦で暮らすこの先の人生も長いです。セックスなしでは生きづらい。しかし、実際には多くの夫婦が「セックスレス」に陥っています。脳に元気を取り戻してセックスレスを解消しましょう。

寿命が延びて会社人生も長くなる時代の生き方

1970年代までは、大手企業ですら定年年齢は「55才」が当たり前でした。それが今は「65才」になろうとしています。会社人生も長くなりました。現代においては、50才はまだまだ惑って当たり前の年代。平均すると30年以上の人生が残っていて、孔子の時代なら一人の人の一生分が入るほどの長さです。そう考えると、どう生きるかがとても重要なテーマだということがわかります。

長く生きることではなく人生を楽しむことを目標にして、若々しく生きてみませんか?心の若さを取り戻す「アンチエイジングな生き方」をしてみましょう!

ラブ&セクシーな映画で脳を刺激!

9週半だけのセックスライフ、ナインハーフ

アン・ハサウェイは裸の天使

エマニュエルが変えたポルノの常識

ストリートガールはプリティウーマン

孤島の少年と少女はセックスを知らなかった青い珊瑚礁

Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.