m 孤島の少年と少女はセックスを知らなかった青い珊瑚礁

孤島の少年と少女はセックスを知らなかった青い珊瑚礁

1980年に航海された「青い珊瑚礁」。当時まだ15才だったブルック・シールズの、とても美しくエロティックな身体から、目が離せなくなる作品です。B・シールズは、「ゴールデンラズベリー賞」の「最低」主演女優賞を受賞しており、映画のストーリーそのものにはあまり魅力はありません。それでも世界的な大ヒットとなったのは、B・シールズの美しさのおかげ。

確かに演技らしい演技はしていないとも言えますが、世界で一番澄んでいると言っても良いほどのきれいな瞳にきりりとした眉。この目を見るだけでも価値があるといえるほどの美しさです。そんなBシールズが完全ヌードで、恥ずかしがらずに海の中を泳ぎまわる姿は、ドキドキもの。この美しさだけで大ヒットした映画です。
青い珊瑚礁(1980) | Movie Walker

南の島で男と女がふたりきりですることは一つ

家族とともに南太平洋を船で旅していたリチャードとエメライン。幼いふたりはいとこ同士です。乗っていた船で火事がおこり、ふたりはボートに乗り込みますが、家族とは離れ離れになってしまいます。島にたどり着いたのは、船の料理番のパディと彼らふたりだけ。ふたりはパディから無人島で暮らすためのさまざまな知恵を授かりますが、ある日パディは死んでしまいます。

残されたふたりは救助を待ちながら、力を合わせて暮らし始めますがなかなか助けは来てくれません。そうするうちに何年も経ち、ふたりは思春期にさしかかります。ある日、エメラインは自分の股間から出血したことに気がつきます。ふたりとも何故出血するのかわかりません。生理を知らないからです。一方で、リチャードは勃起を経験しますが、なぜ大きくなるのかわかりません。

ふたりはお互いの身体が変化しつつあることに気づきますが、どうして変わっていくのかがわかりません。いつしか相手の肉体を意識するようになり、恋心が育ってふたりは結ばれます。一度セックスをしてしまった後は、毎日します。セックスの意味は知りませんが、気持ちいいことだけはわかります。避妊をしないセックスの結果、エメラインは妊娠しますが、最初は何がおこっているのかわかりませんでした。

妊娠をして体調がわるくなり、セックスを拒否するエメライン。それに怒るリチャード。マタニティ・セックスレスもえがかれています。

世界で最も妖艶な少女

ブルック・シールズは、0才で子どもモデルとしてデビューしました。イタリア・メディチ家の血をひく、名門の家系の出身です。12才の時に娼婦の役で主演した映画「プリティ・ベビー」が大ヒット。子どもとはとても思えないエロティックな雰囲気が世界中でセンセーションを巻き起こしました。

魔性と言えるほどの妖艶さは、15才で出演したカルバンクラインのジーンズのCMが、少女にしてはあまりにも悩殺的過ぎると、放送禁止にした放送局があったほど。しかも、名門プリンストン大学を首席卒業した才女です。


「青い珊瑚礁」は、B・シールズの美しくエロティックな魅力があふれる、ドキドキ映画です。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.