記念日を大切にしよう

男性はあまり気にしない記念日。つい妻の誕生日を忘れて怒られたことはありませんか?無頓着な夫と違い、妻は節目の記念日をしっかり覚えています。大切な日をうっかり忘れて喧嘩にならないためにも、誕生日や結婚記念日は記憶にちゃんと刻んでおきたいものですよね。

人生の佳境を迎えたアラフィフにとって、残された時間は大事に使っていきたいところ。これからの人生を無駄にしないためにも、妻との大切な記念日を大事にする余生を過ごしましょう。

誕生日を覚えていますか?

妻の誕生日を忘れたという人はなかなかいないかと思われますが、ただ覚えているだけではもちろんいけません。きちんとお祝いをして、盛り上げ、プレゼントも届けて、一年のうちで最も素敵な1日にすることが大事。夫が自分の誕生日のために尽くしてくれたことが分かれば、妻もきっと喜ぶでしょう。

家族であれば、誕生日を祝ってあげたいものです。男性はあまり重要視しないかもしれませんが、ロマンチックな女性は自分が生まれた日に何か特別な意味を持たせようとします。夫であれば、この女性ならではの感性を大事にしなければなりません。

結婚記念日を覚えていますか?

誕生日に比べ、結婚記念日を忘れているという夫は多いかもしれません。この日は、二人が夫婦になった記念すべき日ですので、この日を忘れたということは、妻からすれば自分を愛していないということを意味します。論理的に物事を考える男性からすれば変な理屈に感じてしまうかもしれませんが、これが女性の正直な気持ちなのです。

もちろん、結婚記念日を忘れたからといって、妻に尋ねるようなことはしないほうがいいでしょう。思い出のアルバムなどを一生懸命めくって、何とか思い出す努力をしましょう。

結婚記念日を思い出したら、サプライズで妻にプレゼントを贈ることも忘れずに。普段の生活では発しない、ロマンチックな言葉を囁いてあげれば、気分も盛り上がります。記念日は、まず覚えていること。そして、ちゃんとお祝いして素敵な時間を届けてあげること。この二つがセットになっていますので、どちらかが片手落ちでもダメだということを肝に銘じておきましょう。

ロマンチックなムードに浸りながら

誕生日や結婚記念日を素敵な1日として盛り上げることに成功したら、やはり最後は愛の営みです。これからも二人で幸せに暮らしていこう、とベッドの上で誓いましょう。

ひょっとすれば、この日の行為は久しぶりの場面かもしれません。時間があいたせいで緊張して、いつものパフォーマンスが発揮できないことも想定されます。万が一の事態も起こりえると予想してここは強力な道具を準備しておきましょう。

これには、勃起剤として即効性も期待できるバイアグラがお勧め。これさえあれば、ペニスの調子が悪くても本番に過ちを犯すことはないでしょう。ただし、入手する際は、きちんと医師の処方を受けて適正なルートで購入するようにしてください。

記念日を忘れず、素敵な時間と空間を提供することは、愛の更新には不可欠です。これからおじいちゃんおばあちゃんになっても、かけがえのない人生を共に過ごすために、誕生日と結婚記念日は忘れないようにしましょう。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.