勇気付けられるあるご夫婦のお話

結婚して10年以上経ってセックスレスになるご夫婦は結構いるようです。それでも子供がいればなんとか夫婦の仲をつなげる接着材になりますが、子供がいない夫婦にはセックスレスというのは致命的な問題かもしれません。

◆ある夫婦の復活の道のり

あるご夫婦が、長年のセックスレスから新婚当時のような仲に復活したという経験談を読んだことがあります。現在セックスレスに悩んでいる方には参考になるのではないでしょうか。

30代後半の夫と20代後半の妻のご夫婦は、結婚が早く、奥さまは18歳のときに結婚しました。ほとんど男性経験はなく、旦那さまが2人目のセックスの相手だったそうです。お互いの両親からはまだ早いと結婚に反対されたものの、運命の人と感じた2人はすぐに入籍して暮らしだしました。

お互いに仕事をしており、奥さんは美容師になりたて、旦那さんはIT関連の職業のためにかなり帰りは遅く、結婚当初からすれ違い生活になってしまいました。

それでも新婚時代は毎日のようにイチャイチャしていたり、週に何回かはセックスをしてお互いの愛情を確認しあいました。ところが一度奥さまが妊娠して不幸なことに流産してしまったのです。

◆旦那さんのEDを治すことから仲も復活した

若い2人にとってかなりの試練となってしまったこの事件は、夫婦関係に暗い影を落としてしまいました。旦那さんは、自分が仕事で奥さんのフォローをなかなかできなかったことが原因ではないかと自分を責めてしまい、奥さまは自分の体調管理のせいだと自分を責める毎日。それ以来徐々にセックスをしなくなり、また子供を作ろう、という前向きな気持ちが薄れてしまったそうです。

あるとき、このままではまずいと感じていた旦那さんが夜の営みを求め、奥さまもそれに応じましたが、旦那さんの下半身はいざというときにEDぎみに。ショックでしばらく落ち込んでいた旦那さんですが、ネットで以前から目にしていたED治療専門クリニックに思い切って足を運んでみました。

自分の思っていたような感じではなく、誠実にプライバシーに配慮してくれながらも悩みを聞いてくれた先生に、旦那さんはかなり好感を持ち、これまでED治療についてなんとなく偏見を持っていた自分を恥じたそうです。そして相談の結果、バイアグラを数錠処方してもらいました。金額も思っていたよりかかりませんでした。同じ成分のジェネリック薬品が発売されていることもそのときに知り、ED治療やバイアグラへの認識を改めて帰途についたそうです。

そしてバイアグラを奥さんに見せると、興味津々で「今夜試してみよっか?」と目を輝かせる奥さまと共に待ちきれずにベッドイン。これまでにないような激しいセックスでその効果を何度も実感しました。その後は夫婦仲も以前の若い頃のように復活したそうです。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.