ゴッド・ファーザーに観る男の生き様

ゴッド・ファーザーを観たことが無い方でも、もちろんその映画のタイトルくらいは知っているはずです。パート3まで続く壮大な物語は、映画史に残る名作として多くの人の心を捕らえて離しません。

男性は恰幅良い方が貫録がある

男が生きる上で必要なものはすべてこの映画の中にある、と言っても過言ではありません。まず、パート1の冒頭で葬儀屋の頼みを聞くゴッド・ファーザーことドン・コルレオーネ。演じるマーロン・ブランドの風格はまさにマフィア・ファミリーを束ねる人物として貫禄満点です。




その恰幅の良さはやはり大物らしさを漂わせています。男はやせっぽちだと舐められてしまいます。ある程度の体格の良さをキープしておくことは大切です。ガリガリに痩せた親分なんて考えられません。

衝動的な行動を抑える賢さを学んだ

物語は、麻薬ビジネスに応じなかったドンを狙った対立組織との抗争へと突入していき、末っ子で一番組織とは縁遠かったマイケル・コルレオーネが徐々に巻き込まれてゴッド・ファーザーになっていく様が描かれていきます。

その中でマイケルは兄・ソニーと違い冷静なボスとしての素養を見せています。報復は頭を使って無駄なくおこなう。そのために時期を待ったマイケルはラストで一斉に対抗組織の人間や裏切り者の身内を粛清します。

2作目では、ファミリーのために冷酷な人間と化したマイケルの孤独が描かれます。妻との結婚生活の破たん、兄や妹との軋轢に頭を悩ませるマイケル。父の教えに忠実にファミリーを守ってきた結果、マイケルの人生は孤独と苦悩の日々になっていきます。

そして母親の葬儀を機に和解したように見せて、最終的には裏切っていた兄・フレドの殺害を手下に命ずるマイケル。徐々に誰にも心を開かなくなっていった彼が、ようやく家族との穏便な幸せを手に入れようと思うのが3作目です。

ここでのマイケルは好々爺という雰囲気も出ているものの、父の故郷・コルレオーネ村で恩人のドン・トマシーノが殺されたことで再びマフィアのボスとしての姿に戻り、そして最後には悲劇的な結末を迎えます。

家族のために生きた男のひとつの長い人生をドラマティックに表現するのにこれ以上のない物語となっているゴッド・ファーザー。大人しいように見えたマイケルですが恋人がいるにも関わらず結婚、その後妻を亡くすとすぐに恋人のもとに戻り求婚するなど、男の欲望がどんどん全開になって性格が変わってくるところが見どころです。

男は何歳になっても欲望満開でギラギラと生きていかなければならない、そして最低限家族は大切にして守らなければならないということを教えてくれる、人生の教科書のような映画、それがゴッド・ファーザーシリーズです。観たことがない男性は今すぐ!レンタルショップに走って下さい。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.