妻と行くラブラブ露天風呂温泉

男性と女性とではエロティックな気分になる方法が少し異なります。男性はモロに性的なものに強くひかれます。アダルトビデオが典型ですが、女性の美しいヌードや、性行為の場面などのあからさまな刺激が、性的興奮に直結します。しかも、反応がとても早い。アダルトビデオも最初から最後まで全部見る必要はありません。ストーリー展開も複雑なものは必要ありません。極論すれば、セックス場面さえ観れば勃起でき、いつでもセックスできる体勢になります。女性はもう少し複雑です。

ロマンチックがエロティックに変わるのが女性

女性はロマンチックな気分に憧れをもつものです。きれいな星空を見たり、美しい夜景を眺めたりすることで、ロマンチックな雰囲気に浸り、それがエロティックな気分にも発展します。男性の場合、いくら夜空を眺めても性的には高まりませんが、女性は違います。手をつないで眺めているうちに、性的興奮が少しずつしみだしてくるものです。星空でエロティックになるわけではありませんが、いわば「前座」のような働きとなって、性のスイッチが入ります。

セックスの場所にも同じことが言えます。どこでするか、が大切。男性の場合には、「刺激的な場所」は興奮剤となります。屋外での性行為やカーセックスは、女性より男性の方が好む傾向が強いです。「人に見られてしまうかもしれない」ということが刺激となるのは男性の方。女性にとっての刺激剤となる「場所」はロマンチックなところです。

たまには温泉に行ってみましょう

独身のカップルは、素敵なレストランで食事をしたり、高級ホテルに宿泊したりするデートを楽しみます。男性がそれを望むのではなく、女性が望むからそういうデートになることが多いです。男性は、セックスの前にどこで食事をしても同じです。美味しいフランス料理を食べても、駅前の立ち食いそばを食べても、性欲に変化はありません。女性は「立ち食いそば」ではエッチな気分にはなりません。フランス料理がエッチの「前座」になるから、ロマンチックなデートが必要になります。

夫婦のセックスにもそうした工夫が必要です。いつも自宅のベッドでするだけではなく、一年に一度くらいはロマンチックな場所に移動してみましょう。熟年のカップルなら、露天風呂のある温泉宿がお勧めです。静かで落ち着いた温泉地を訪ねて、日中は観光旅行を楽しみ、夜は美味しい食事とお酒を味わって、ロマンチックな気分を高めます。その後、貸し切りの露天風呂に一緒に入り、エロティックな気分に浸りましょう。自宅の狭い風呂に二人でつかるのとは比べ物にならないほど、性的な高まりを体験できるはずです。

女性は「ロマンチック」が大切です。たまには、ゆっくりと気分を盛りあげるようなシチュエーションを創ってみましょう。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.