オヤジは若い女性にもてる

年を重ねていけば、体力も知力も、精力も衰えていきます。しかし、これは何もしなければ、という条件付きです。努力と気持ち次第では、年齢という大きな障壁を打ち破り、いつまでも若さを保つことは可能です。

体力や知力は、自分一人の努力で何とかなりますが、精力のほうは相手なしには語れません。既婚者であれば相手となるパートナーは存在しますが、独身者は新たに作る必要があります。「え?この年で?」と及び腰になるかもしれませんが、大丈夫。今では40代、50代のほうが若い女性にもてるという風潮があります。アラフィフのあなたでも、年の差結婚できるチャンスは残されています。

おじさんがもてる理由

今の世の中、おじさんが大人気です。特に大学生や20代のOLでも、付き合っている男性は40、50のおじさんという話は一つや二つではありません。この背景には何があるのでしょうか?

一つは、同世代の男性が頼りない、という点です。「草食男子」「ゆとり世代」という言葉がはやったように、男らしく引っ張っていく男性が少なく、女性としては物足りなさを感じているのでしょう。なんだかんだいっても女性としては、男らしく強い男性に惹かれるものではないでしょうか。

40代、50代のおじさんは、社会人としての経験も豊富で、会社でもそれなりのキャリアも積んでいます。重要なポストについている人も多く、年収も若い社員に比べたら高いでしょう。生活水準も高く、物欲を満たしてくれるのは若者よりアラフィフであることが分かると思います。

出会いの場所は?

アラフィフ男性が若い女性にもてるといっても、出会いの機会はそうそう訪れてくれません。女性の多い職場環境であればチャンスがいくらでも転がっているかもしれませんが、日常的に女性とふれあう機会すらない生活だと、年の差婚どころか同世代の女性との出会いも覚束ないでしょう。

本気で出会いが欲しければ、積極的に行動しなければなりません。自分の趣味のサークルに入会したり、街コンなどに参加したりするのもいいでしょう。50代という年齢は確かにネックですが世の中の流れは「おじさんはもてる」です。この風潮があなたを後押ししてくれますので、自信を持ってアタックしましょう。

日頃から若さを意識して

いくらおじさんがもてるといっても、年の差が開けば価値観も考えも異なり、コミュニケーションで齟齬を生じてしまいます。やはり、実際に付き合ってみると年収や風貌だけでは割り切れない部分が出てきて、結局のところ破局、なんて事態も想定されます。若い女性のアンテナに引っかかりそうな話題や流行に、常に敏感になることが大切といえます。

また、体力差の問題もあります。もし年の離れた彼女ができた場合、あなたのあそこは大丈夫でしょうか?ご無沙汰になっていれば、勃起障害などの可能性も考えられます。せっかくものにした大魚を逃さないためにも、準部だけはしっかりしなければなりません。

ここは、短期間で勃起障害の悩みを解決してくれるバイアグラがおすすめ。即効性と効き目は折り紙付きです。しかし入手まで即時性を求めてはいけません。ちゃんと医師の処方を受け、正規のルートで確保しましょう。

恋愛とセックスは50を過ぎても楽しみたいもの。その若々しい気持ちが、豊かな生活の秘訣になることを忘れないでください。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.