薬やサプリの個人輸入に関する注意点

近年多くなっているのが薬やサプリメントなどの個人輸入です。健康な体を取り戻し、奧さんとの関係を改善しようとお考えの男性の中には、こうしたものを利用しようとお考えの方も多いでしょう。しかし、このような薬やサプリメントの輸入には注意しなければいけない事があります。ではどのような注意点があるのでしょうか?いくつかのポイントに分けてご説明します。

輸入の基本と個人輸入の注意点

輸入とは、外国から資源や商品などを購入することを言います。このようなものは大きな企業やメーカーが相手先と契約して輸入を行い国内で輸入品を販売します。このような輸入も、国際的なルールやそれぞれの国ごとに関税などの法律の制限を受けています。個人輸入は、代行を介さずに個人で外国の販売店で買って日本に持ち込むことを指します。海外のものを購入して個人で利用する場合は、法に触れない限り特に問題はありません。

薬は輸入が厳しい

薬やサプリメントなどの場合には、「個人で利用する」ということであっても、営業目的ではないということを証明するために、地方厚生局に書類を提出する必要があります。これは、販売目的で輸入した場合になると、薬事法により厚生労働大臣の許可が必要になるためです。個人輸入といっても、様々な手続きなどがあるので簡単には行なえません。ちなみに軟膏や目薬、外皮用薬といった薬については、関税のチェックのみで輸入が可能で、特にその後の手続きは必要ありませんが、個数の制限が1品目につき24個までとなっており、大量輸入ができないので効率的では無いようです。

なぜサプリメントは輸入に制限があるのか? この様に薬は薬事法などの制限で簡単に輸入は出来ません。では、薬ではないサプリメントはなぜ輸入ができなのでしょうか?その理由は、実は海外でサプリメントとして販売されていても、日本国内では薬と判断される可能性があるからです。サプリメントを輸入すると、薬事法により医薬的な成分や効果の有無についてチェックが入ります。もし、薬と判断されれば販売に制限がかかるので、結果的に輸入しても利益の見込めなくなってしまうのです。

薬監証明って?

次に薬監証明についてご説明します。先程説明したように、サプリや薬を輸入した際にこれが営業目的の場合は規定に沿って承認・許可が必要になってきます。これは医薬品等輸入報告書、別名「薬監証明」と言い、医師が日本で承認を得ていない薬を輸入する際には必要になるものです。

ただし、この仕組の抜け穴を利用して不正に近い行為が行なわれているケースがあります。その一つがED治療薬に利用されるバイアグラです。このバイアグラのジェネリック版が現在いくつか日本でも販売されていますが、インドで作られているバイアグラが安いということで、日本で処方するクリニックがあります。しかし、このインド版のバイアグラはまだ正規の輸入ルートがないのが実情です。つまり、病院が処方しているからといって、本物かどうかという確証はない、と言えるのです。

なぜこのような事態になっているのか。それは薬監証明の手続きが、必要書類の提出のみと言った簡単なチェック体制になっているからだと言われています。

患者も医療機関を選ぶ必要がある

病院から処方される薬が本物かどうかなんてことは素人目にはわかりません。医者の言うことだから、と思っていると偽造品を処方されているなんてこともあるかもしれません。

バイアグラの製造元であるファイザー社や日本新薬株式会はこの問題に対して、独自にEDクリニックを探せるサービスを行っています。

・日本新薬株式会社「EDケアサポート」
http://www.ed-care-support.jp/search/

・D-info.net(ファイザー製薬サイト)
http://www.ed-info.net/search/

EDでお悩みの方はこちらからEDクリニックを探すといいでしょう。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.