スカーレット・ヨハンソンのスーパー・ボディで目を覚ませ

日本人男性にとって、金髪で巨乳のグラマラスな女性はあこがれの的です。そんな女性と出会えるとしたらスクリーンの中です。ハリウッドの中に星の数ほどいるセクシーな女性の中でも有数のスーパー・ボディを誇るスカーレット・ヨハンソンを見れば、あなたも男性としての若い欲望を掻き立てられるはずです。

『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラから名付けられた

スカーレットという名前は、あの名作映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラから取られているようです。そしてその期待に応えるかのように幼い頃から演劇教室に通い、8歳でオフブロードウェイの舞台に上がったスカーレット。その頃から目立つ存在だったのでしょう、順調にキャリアを重ね、2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』では東京を舞台としたドラマで高評価を得ました。

ナイスなボディは世界中をトリコに

『ロスト・イン・トランスレーション』のオープニングシーンはスカーレットのお尻の割れ目も露わな下着姿で寝そべっているシーン。まさに男性の目はこの瞬間に釘付けになったと言っても過言ではありません。その後もベッドシーンや何かで脱ぐのでは?とドキドきしながら最後まで観てしまいました。

スカーレットはその後も大ヒット作となった『アベンジャーズ』へ出演して人気を確立しました。しかしその彼女の豊満な肉体をもてあそんだ(?)不届き者がいます。

色気たっぷりの女優として世界中の男性に熱い目線を受け続ける存在となったスカーレット。彼女がゴールデングローブ賞のレッドカーペットに登場したときのことです。真っ赤なセクシーすぎるドレスで出席したスカーレットは、世界中から駆けつけた数々のメディアのインタビューに明るく答えていましたが、そんな中、テレビのレポーターであるアイザック・ミスラがインタビューの最中のいきなりスカーレットの胸を鷲掴み!まさに犯罪ギリギリのセクハラを敢行されてしまいます。

実はこのレポーターのアイザックは同性愛者だったのです。もちろんそれを最初から知っていたスカーレットも激怒したりしませんでした。むしろ楽しそうに笑っていましたからさすがです。

それにしてもいくら同性愛者だからといってあの世界中の男性がよだれを垂らして見つめてしまいそうなスカーレットの胸をもんだレポーターが羨ましい限り。本当はただのスケベ親父だったりしたらむかつきますね。

男性機能の衰えや性欲の減退が気になるあなたは、日本人の女性から少し離れて、是非お色気満点のスカーレットの姿を堪能してムラムラしてみてはいかがでしょうか。きっと若い頃の女性への欲望がメラメラと燃え上がってくるのではないかと思います。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.