知らないと損をする女性の性の秘密

長年連れ添ってきた夫と妻でも、知らないことの一つや二つあってもおかしくはありません。特に、性の悩みや問題などは、相談したくてもなかなか打ち明けづらいものです。

女性にも性の悩みは存在します。夫であるあなたは、妻が出口の見えない問題で悩んでいると分かったら、どうしますか?出来るだけ相談に乗ってあげて、一緒に解決したいですよね。しかし、その対処法などが分からなければ、どうすることもできません。

夫であれば、どんな時でも妻にとって頼もしい存在でありたい。そんな願いが叶えられるよう、ここでは男性の知らない女性の性の秘密について解説します。

女性のセックス上の悩み

意外と誰にでもある性の悩み。アラフィフであれば、若い頃に比べて精力が落ちたことを気にしている人もいるでしょう。そんな男性と同じく、女性でも性やセックスについて悩んでいる人はたくさんいます。

男性が勃起障害や早漏で悩んでいるという話はよく聞きますが、女性の場合、恥ずかしくてそう誰にでも相談できるものではありません。病院へ行くのもかなり勇気がいるでしょう。

つまり、性の悩みにぶつかって立ち往生している女性がすぐ隣にいるかもしれません。女性の性格的なものを考えれば、男性のそれより深刻といえるかもしれません。

女性に最も多い性の悩みは

女性が抱えるセックス上の悩みで、最もポピュラーなものは、不感症です。セックスしてもオーガズムに達しないどころか、何も感じないという深刻な症状です。いくら男性が喜ばせようと思って努力しても、その行為は報われることなく終わってしまいます。男も女も不幸にしてしまうのが不感症です。

不感症になる主な原因は二つ。過去にセックスにまつわる嫌な体験をして、男性との行為を極度に嫌悪するようになった、という精神的な理由が一つ。もう一つは、一般の女性より女性ホルモンが少なくて感じる能力が欠如している、といった体質上の問題。前者の場合はエクスタシーを感じる強力な興奮剤を服用すれば、すんなり解決することもありますが、後者のケースだと注射や内服液でホルモンを注入するホルモン補充療法で対処します。

女性ホルモンは、更年期になると減少し、ホルモンバランスが崩れて更年期障害の原因ともなります。40代、50代の女性の多くが悩まされる病気ですので、もし奥様がそれに該当する場合は、一緒に医療機関を訪問して相談するなど、優しく寄り添ってあげましょう。

夫婦間で性の話をするには

性の悩みは、女性にも男性にも存在します。ナイーブな問題ですので、顕在化してもなかなか相談できるものではありません。特に女性の場合は、セックス上の悩みがあっても現実を直視しようとせず、殻に閉じこもってしまいがちです。しかし、一人で悩んでいても解決されるものではありませんので、旦那様のほうがその異変に気づいてあげて、一緒に悩み、問題を解決する姿勢を示してあげましょう。

むしろ、「俺が治してやる」くらいの勢いで引っ張ってあげるといいかもしれません。それくらい自分のことを心配してくれているんだ、という熱い想いが伝わるのではないでしょうか。こういう時こそ、男の真価が問われます。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.