妻たちが唇を捧げたいのは「まだ見ぬ恋人」

化粧品会社の調査によると、日本人女性の多くが自分の顔の中で一番自信を持っているのは「唇」だそうです。気に入らない場所としては、鼻や目が多いのだとか。鼻については低いとか大きい、毛穴が目立つ、形が崩れているなどが嫌いな理由。目については、一重であるとか、小さい、細い、腫れぼったいなどが理由です。唇についても、大きすぎる、厚すぎるなどと嫌いな人もいますが、全体としては自信を持つ人が大半です。

唇の性的な意味は、キスでしょう。多くの女性たちが「キス」の道具としての自らの唇に自信を持っているということです。セックスに自信を持っているからかも知れません。ただ、既婚の女性たちにアンケートを採ってみると、キスの相手として望んでいるのは、夫ではなく「まだ見ぬ恋人」となるそうです。妻たちは、浮気願望を強く抱いているのです。



口が大きい女性は、淫乱に見える!?

欧米では口の大きな女性に人気があります。アメリカを代表する女優の一人ジュリア・ロバーツは、その口の大きさに人気があります。キャメロン・ディアスもそうでしょう。ところが、わが国では大きな口はあまり好まれません。大きすぎる口は、性的アピールが強すぎるととらえられているようです。そのため、日本で人気のモデルたちの多くは、口の小さい人。白人モデルでも、おちょぼ口の人に人気があります。

日本では女性が性行為の際に口をあまり使わないことと関係があるのかも知れません。欧米では女性が積極的に唇や舌を使って男性を愛撫するのに対して、日本の女性は愛撫されることは好きな割に、する方はあまり得意ではありません。受け身的な性行為に慣れているため、使わないのです。唇はキスだけのために使われます。しかし、そのキスも夫との性行為の際には「ほとんどしない」という人が多いようです。



夫以外の男性とのキスを夢見る妻たち

ロマンス小説のハーレクイン社が調査したところによると、欧米ではほとんどの人が「キスなしの恋愛、ロマンスはあり得ない」と考えているのに対し、わが国では半分程度の人しかそう考えていません。夫婦がセックスをする際にもキスをしないケースが多いのです。

そこで、「最高のキスの相手は誰か?」という問いかけをすると、日本の妻たちの多くが「まだ見ぬ恋人」と答えたそうです。主婦たちのキスは、夫のためではなく夢の世界の相手との熱い抱擁のためにとってあるようです。妻たちは潜在的に浮気・不倫願望を持っていて、すてきな男性とのめくるめく情事を期待しているのでしょう。それは、夫との性生活に対する満足度が低いせいなのかも知れません。

日本の女性たちは自分の唇に自信を持ち、夫以外の誰かと使いたいと期待しています。よその男に妻を取られないためにも、男たちは妻とキスをし、その唇を自分のためだけに使わせるようにしておかなければならないでしょう。妻とのキスを楽しめる生活を取り戻す必要がありそうです。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.