閉経後に性欲が高まる?女性の性の不思議

アラフィフともなると、体力の衰えとともに、性欲も若い頃と比べて落ちてきたことを実感している人は多いでしょう。いくら気持ちは若くても、性機能の衰えはいかんともしがたいものがあります。

そんな男性に対し、更年期に閉経すると逆に性欲が高まるのが女性。つまり、女性の性欲は年を取っても衰えるどころか、場合によっては強まることが分かっているのです。なぜそんなことが起きるのでしょうか?不思議な女性の性欲について分かりやすくご説明します。

閉経後、女性ホルモンが減ると…

女性は中年にもなると閉経を迎えます。イメージ的には、その役割を終え、もうセックスとは縁のない生活を送りそうな感じですが、実態はまるで逆です。多くの女性は、閉経後に性欲が高まると言われているのです。

その理由は、女性ホルモンに関係があります。女性ホルモンが減少すると、逆に増えるのが男性ホルモンです。女性にも一定量の男性ホルモンがあり、この物質は女性ホルモンが減ると相対的に増える性質を持っています。つまり、増加した男性ホルモンが女性の性欲を高めているといえます。

男性ホルモンの他に、ドーパミンという物質も関連しています。ドーパミンは、幸福物質ともいわれ、快楽や刺激を感じると、脳内でドーパミンが増えるといわれますが、女性ホルモンが減少すると、脳内で増加される視絵質を持っているのです。

女性ホルモンの減少によって男性ホルモンとドーパミンが連動するように増えることで、女性の性欲がさらに高まっていくことになるのです。

逆に性欲が減ってしまうことも…

閉経後に多くの女性が性欲の高まりを覚えるものですが、その反対に性欲が弱まるケースもあります。女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、膣が乾燥し、萎縮することで、セックスの時に痛みを覚えます。この感覚によってセックスを敬遠してしまい、次第に性欲も衰える、というケースです。

また、年を取ると女性としての意識も薄くなり、子どもを産むという女性の本能意識も低下します。それが生殖機能の低下に繋がり、性欲を弱くする原因ともいわれています。

男と女で性の関心が逆転すると…

これまで述べてきたように、男性の場合は年齢と共に性欲が衰えるのに対し、女性の場合はむしろ強くなる傾向がある。という現実があります。つまり、アラフィフ世代の夫婦では、「セックスしたい妻」「セックスしたくない夫」という意識のズレが生じ、新たな問題として浮上するリスクを抱えているといえます。

しかし、問題を解決する方法は意外と簡単です。夫がいつまでも元気でいればいいのです。男の場合、性欲が低下するというより、性機能の低下が問題です。気持ちは「セックスしたい」と思っていても、肝心の機能が付いてこないという現実的な課題をクリアすれば、また若い頃のように二人で仲良くセックスに没頭できるはずです。

性欲を維持する秘訣は、気持ちの若さ。それと、精力剤など便利な商品を有効に活用することです。いつまでも奥様に愛される夫を目指してください。

性欲は、ないよりはあったほうが健康にも末永い夫婦生活のためにもプラスとなります。努力や工夫を怠らず、夫婦共に元気な夜の生活を送りましょう。


Copyright© 男の若さを取り戻す生き方術 All Rights Reserved.